昨日の月は明るかった

ただ、ひたすらに明るかった。



蛍光灯みたい

なんて色気のないことを言ってみたりして、

時計を見ると22時。

まだ22時なのか
もう22時なのか

非常に微妙な時間である。



こんな夜はグラス片手に

♪Fly me to the  moon

なんて聴けたらカッコいいかも
と思いつつ、


実際口ずさむのは

♪月が〜でたでた〜 月が出た〜

と炭坑節www


現実なんて、そんなものである。



SNSでも月の写真をたくさん見た。



時代や人が変わっても、

月を愛でる心は変わらないらしい。



百年後、千年後の人類も

月を愛でているのだろうか。


そう考えると途方もないことではあるが、

そうであってほしいものである。



Kikyo